越前石田縞

お洒落な縞織物

鯖江市石田(立待地区)はその昔、洪水のたびに田畑が石の野原のようになったことからに由来します。そして、貧しい住民を救うために高島善左衛門氏が奮起し、縞織物の盛んな美濃で織物を習い、職工を招いて工場を建てたのが石田縞の始まりです。
石田縞は、木綿を使った藍染中心の縞柄の織物で、当時は庶民の普段着や野良着、あるいは布団地として多くの人に着用、使用され、丈夫さにも定評がありました。
明治後期〜大正には福井県下の女学校や小学校の制服に指定され、〝学校縞〞とも呼ばれ最盛期を迎えました。昭和に入ると他の織物が盛んになり石田縞は縮小、衰退へ。一旦、途絶えた石田縞ですが、昭和47年の立待小学校創立百周年記念イベントを機に復元され、その技が今なお、継承されています。昔は藍染が主流でしたが、現在は地元で採取した桜や玉ねぎ、よもぎなどで染め、素朴で手織りの優しい風合いを楽しむことができます。また福井出身の作家、津村節子氏の『遅咲きの梅』では、石田縞復元当時の社会や暮らしぶり、石田縞の魅力が書かれています。

竹紙を織り込む越前石田縞を新たに創作

織物を学んでいた大学時代に石田縞に出合い、卒業研究でさらにその魅力に惹かれた佐々木さん。以来、「織るたびに課題が出るので織り続けている」とのこと。平成元年には地元の特色を生かしたものを作りたいと、緯糸に竹紙を織り込む“越前石田縞”を誕生させました。従来より縮みが少ないのが特徴で、今後も石田縞全体の魅力を伝えるべく、創作活動を続けています。

MORE PRODUCT

  1. 武生唐木指物

    武生唐木指物

    武生唐木指物
  2. 越前洋傘

    越前洋傘

    越前洋傘
  3. 三国箪笥

    三国箪笥

    三国箪笥
  4. 越前指物

    越前指物

    越前指物
  5. 武生桐箪笥

    武生桐箪笥

    武生桐箪笥
  6. 銀杏材木工品

    銀杏材木工品

    銀杏材木工品
  7. 越前和蝋燭

    越前和蝋燭

    越前和蝋燭
  8. 越前鬼瓦

    越前鬼瓦

    越前鬼瓦
  9. 越前竹人形

    越前竹人形

    越前竹人形
  10. 越前指物

    越前指物

    越前指物
  11. うるしダルマ

    うるしダルマ

    うるしダルマ
  12. 越前竹細工

    越前竹細工

    越前竹細工
  13. 越前石田縞

    越前石田縞

    越前石田縞
  14. 油団

    油団

    油団
  15. 越前水引工芸

    越前水引工芸

    越前水引工芸
  16. 鯖江木彫

    鯖江木彫

    鯖江木彫
PAGE TOP